LAST WORLD<詩>④

LAST WORLD 4


~序章~


瞬きしたら朝 まず考えることはやめて 
まだまだこれからの話なんだ ゆっくり探していこう

これから歩いていく道の 上にどんな花を咲かせようか 
思い描くものは いつでも素晴らしい

駆け出した 世界が目まぐるしく変わる 
時代の波に流されぬように
決意表明 新たな次世代へとTry now!!



旅立ちの章


振り返るには まだ早い 僕はまだ 歩きだしたばかり

夢見る いつの日か 二人笑いながら またここで会う時を

必死になって手繰り寄せた 無我夢中で追いかけていった 
道しるべ今 僕は人生のどの辺りだろう? 
これから幾つもの 分岐点を乗り越えていくのだろう

笑顔絶やさずに 希望胸に抱いて 
今やるべきこと 今だからできること

一生懸命が格好良いかどうかはわからない 
全力疾走どこまでも…駆け出した 新たな旅 
まずは 先入観を捨てよう目の前に広がる世界 
学ぶことはたくさんあるはず

振り返るには まだ早い 僕はまだ 歩きだしたばかり

夢見る いつの日か 二人笑いながら またここで会う時を





貴方がいたから 


貴方がいたから 現在の僕はある
貴方のためなら 必死になれた僕がいるから…

思い出の中微笑む貴方はいつも優しくて 
貴方と別れて 自分の弱さを知って 
かけがえないものを知って…
そうやって自分なりに
感じるものや想う心の 唄を描いていく…

貴方がいたから生きてこれた
貴方なしでは僕は…
なんて また弱音吐いて…
今の僕なら貴方にも
胸を張って言えそうだよ…
僕がんばったから 大人になったから
貴方が寄り掛かれる場所にもなれそうだよ…

貴方がいたから 現在の僕はある
貴方のためなら 必死になれた僕がいるから…
たまにでもいいから思い出してみて
こんなに大きくなった僕のこと
貴方がいたから がんばれた
 貴方のためなら 僕でいいなら…

by LAST(フリーページ見てね♪)
Template-すず♪♪




未来


なにも焦ることはない じっくり行こう 
今はまだよく見えないけれど 
いつかきっとその瞳にも映るから…
それぞれに歩みだした それぞれの未来へと 
続いていく道は 遠く果てしない
空 輝く星を目指して…

伝えたい想い 言葉に出来ず 涙流したあの日の僕に
強く生きるために必要なもの 教わったよ

何気なく生きていく日々にも また 意味があって
戸惑いながら 迷いながら でも 足跡残して
うまく言えないけど…

なにも焦ることはない じっくり行こう 
今はまだよく見えないけれど 
いつかきっとその瞳にも映るから…
それぞれに歩みだした それぞれの未来へと 
続いていく道は 遠く果てしない
空 輝く星を目指して…



ずっと


ずっと変わらない詩を描き続け
ずっと終わらない愛を求め続け
どこへ向かうのか なにが出来るのか 
胸に抱いたまま…

歩いていく道の果てならきっと輝いてる
その輝き見失わないように生きていければ…

ずっと変わらない詩を描き続け
ずっと終わらない愛を求め続け
どこへ向かうのか なにが出来るのか 
胸に抱いたまま…

ずっと記憶の中に残る想い そのすべてを背に…
ずっと変わらない人 いつまでも続いていく 
貴方の旅に…

ずっと変わらない詩を描き続け
ずっと終わらない愛を求め続け
どこへ向かうのか なにが出来るのか 
胸に抱いたまま



わだかまり


好きなことを唄って それで気付いた 
僕は忘れない 君とのことを…

物語には始まりと終わりがあって 
生まれてから死ぬまで歩き続ける宿命を背負って…

いいか これは試験で100点取るほど
楽なもんじゃないんだよ
君が今 抱えてる問題も長い目で見りゃ 
ちっぽけなことだってこと…
わかってる わかってるよ そんなこと 
言われなくたってわかってる…
だけど今の僕には これはとても大事なことなんだ
あんたに何がわかるっていうんだ…
ごめん ちょっと言い過ぎた…

好きなことを唄って それで気付いた 
僕は忘れない 君とのことを…





Life 



悩んだってどうにもならないことを
悔やんだって仕方ないよね
光だって闇があればこそ だから
人生に必要ないものなんてない
この世に必要ない人なんてどこにもいないと想ってる…

静かな夜は 何を考えるわけでもなく
星空を眺めて 鼻歌なんか口ずさんで
時の流れだとか 月明かりなんかを 肌で感じて…

悩んだってどうにもならないことを
悔やんだって仕方ないよね
光だって闇があればこそ だから
人生に必要ないものなんてない
この世に必要ない人なんてどこにもいないと想ってる…

時に 雨が降れば また 太陽照る
風に吹かれて花が揺れる
あたりまえのことだが 
空を自由に飛ぶ鳥もまた 羽を休め眠りに着く
だから君も元気出して また素敵に笑ってよ
時が経てば なんてことない ちっぽけな悩み事さ

永い人生をそれぞれに歩いている 
永い眠りに着く日まで
君や僕はなにを想い過ごしていくのだろう…
05'2'17




世界平和に必要なもの 



変わらないで君はそのままでいいよ
迷わないで手を差し出すことで 繋がる手と手…

笑顔なんてさ 自然に溢れだして 
すべてはきっともっと 単純なことさ
泣き顔だってさ 忘れないように生きて 
すべてはきっともっと 簡単なことさ

世界平和に必要なもの たくさんあるだろう
世界平和に必要なもの そのひとつは笑顔だろう

世界平和に必要なもの それは愛だろう
世界平和に必要なもの それは思いやりだろう

いつかは大人になっていくけれど 
今の笑顔 無邪気さ 決して忘れないで…

変わらないで君はそのままでいいよ
迷わないで手を差し出すことで 繋がる手と手…

コドモに教わったよ 世界平和に必要なもの
笑顔だってさ 自然に溢れだしてたよ
05'2'17




空 



この空は 時に青だったり紅だったり黒だったりする
いつの日も変わらずに 見上げればいつもそこにある…

最高の瞬間はどこにあるだろうか
気が付けば通り過ぎてしまったような気がしてる
この空の下 小さな幸せを求め旅する

終わりなき道を歩き続け 道端で一休みする時も
また歩きだす時も いつも変わらずに この空はそこにある

この空は 時に青だったり紅だったり黒だったりする
思い出と共に空はある
きっと 幸せを手にした時も この空を見上げる僕がいる…




親孝行 



涙の後に咲く笑顔 忘れずに今を生きよう
失ってやっと気付く かけがえない存在に
それでもいいから生きてやれ 
笑い飛ばしながら生きてやれ
それが何よりの親孝行 笑う角には福来たる 
それが人生の醍醐味さ

何よりもまず自分に負けないこと 
そして誰よりも君に笑顔をあげる
抱き締めたのはほんの些細な衝動 
もう後戻りはさせない
後悔することばかり考えるな

涙の後に咲く笑顔 忘れずに今を生きよう
失ってやっと気付く かけがえない存在に
それでもいいから生きてやれ 
笑い飛ばしながら生きてやれ
それが何よりの親孝行 笑う角には福来たる 
それが人生の醍醐味さ

0 件のコメント:

コメントを投稿