サイレントスピード <詩>①

写真


色褪せた何枚もの写真 
その一つ一つに 
色々な思い出が つまっている 
喜怒哀楽がたくさん つまっている 
写真は色褪せても 
その写真を手に取れば 
今も私の心の中で 
いつまでも 色褪せることなく 
カラーのまま 思い出す 
今では色褪せた写真も 
良い思い出として 
心の中で メモリーとして 生き続ける









貴方に



ぼくは、貴方に何を想い


そして、何を期待しているのだろか


考えてもわからない 


ただ、貴方にそばにいてほしいと思う 


それは、わがままなのかもしれない 



貴方は 疲れていて


本当は 自分が癒されたいのに 


貴方は私に そっと手を差し伸べてくれる 


本当は こんな姿を見せたくなかった 


貴方の前で 強くやさしい、自分を見せていたかった


貴方のその声に 私に何もかもを忘れさせてくれた


そして、力をくれた





今 想う 貴方に出会え


そして好きになったことを 誇りに想う







あの場所

いつからだろう こんなにも 
もどかしい日々が 続くようになったのは
一日が早く過ぎてほしいと
願うようになったのは 

貴方と出会い そして、結ばれ
幸せな日々は いつまでも続くものだと思ってた 

いつから、お互いが 
お互いを傷つけ合うようになったのだろう 
あの頃は、よく笑ったね 
あの笑顔を 最近、忘れている 
忘れているじゃなく
どこかに置いてきたのかもしれない 
あの日、あの時、あの場所に
もう一度 二人で、行こう 
運命と言う 糸を探しに戻ろう


サイレント・スピード 
Template-すず♪♪





二本の道 


私は二本の道を歩いてる 
本当なら 一本の道なのに、
私は二本の道を歩いてる 
それが、悪いことだと知っている 
知っているのに、歩いてる自分に腹が立つ 
でも、二本の道 も一本一本は 私にとって大切な道 

今はそっと見ていてほしい 
いつかは 選ばなければならない時が 来るその時まで 
そっと見守ってほしい 
わがままなのはわかってる



わがまま


貴方のわがままに、今日も 振り回され 
そして 明日も振りまされるのだろう 
こんな日々が、何年続いたのだろ 
いくつもの 季節が流れ 私たちも 歳を取った 
かわらないのは、貴方のわがままだけ 
どんな時でも 貴方の わがままに、付き合った 
どんなことが、あっても 貴方のわがままに付き合った 
それも 貴方が好きだったから 
でも、終わりにしましょう 私は疲れた 
貴方のわがままを明日から 聞けないという 
心にも 疲れた 今はただ ゆっくりと休みたい 
小鳥が雨宿りするみたいに 羽を休ませて 
そして 永遠の眠りにつかして。。。。










友へ




それは、突然やってきた 風の便りに乗って

聞いた時は びっくりした 全身が、震えた



貴方は、昨日まで 笑ってたじゃん 一緒に笑ってたじゃない 

なんで 昨日までは いたじゃない

貴方は、すべて知っていて 

私たちの前では 笑ってたじゃない

それは、私たちを心配させない為の 

貴方の精一杯の努力だったの 嘘つき

いいじゃん 弱い部分をだしても

所詮、仮想の世界だろうと

貴方のことを慕う人は いっぱいいるんだよ

一人じゃないんだよ 

現実の世界から 安らぎを求めて この世界に来たのかなぁ

答えてよ 教えてよ 何で、黙ってるんだよ

つらすぎるよ ずるいよ 話したくても 出来ないじゃん 

貴方に出会い そして話をした日々は 決して忘れない 

今日と言う日を みんなは 忘れない

心の中に いつまでも、生き続けるよ

長い間お疲れさま

今度は 何も心配しないで 伸び伸び楽しんでね

さようならは 言わないよ



貴方はいつまでも 私たちの中にいるからね




出会い 



人は出会いが、あるから 別れがある 

それは、また出会う為の試練なのかもしれない 

出会う楽しさも、別れる悲しさも、すべては 

次の出会う為の試練 

だけど 永遠の別れが、あることを知ってほしい 

その時その時 一分一秒をもっと 

大切に考えてほしい 

出会えたことに 感謝してほしい




交差点 



人々が、行き交う交差点 

さまざまな、人がすれ違う交差点 

色々な考えや思惑、欲や感情が、入り乱れる交差点 

貴方は交差点で、何を考えて歩いていますか 

一度交差点を 渡る前に、周りを見渡してみて 

色々な人が 色々なことを考えてるから 

そうやって渡る交差点が 

いつも以上に、新鮮で面白いから 

さぁ信号が 赤から青に 変わったよ 




再会 



今日二人は 久々に会った 

それまでは 

電話で喧嘩をしたり メールでも喧嘩した 

理由はささいなこと だけど 

二人の距離が 離れていれば いるほど 

喧嘩をする なぜだろ 

それは、すぐには 会えない距離だから 

違う 貴方のことを 好きでたまらない感情が 

素直に表現出来ないだけ 



けれど ホームの向こうから 歩いてくる貴方を見たら 

自然と涙と一緒に、昨日までの わだかまりを流してくれる 

今日は、素直に表現してみょう 

貴方が好きだから





愛 



愛て何でしょう?て、聞かれて

貴方は 答えられますか 


愛と言う言葉を真剣に

考えたことありますか


愛て色々な愛の形があります 

時には 辛く悲しい 一方通行の愛

親が 子に注ぐ愛 


愛は 満たす物じゃなく 満たされる物 


愛に制限はなく 

誰もが 色々な愛の形を持っている 

そして、勇気や希望 元気や夢を与えて
 
癒してくれる愛 


貴方の愛は どんな形をしていますか

愛て何でしょう?




旅人 



我は旅人なり 行く宛もない旅 
ただこの旅路に 何を求め旅に出たのだろう 
この行く道に 我の答えは有るのだろう 

我は旅人なり 今暗く、細い道を歩いてる 
辿り着く行く先に 何が有るのだろ 
我はその先に有る 光を求め旅をしているのだうか 
ただ今を忘れたいだけなのか 

我は旅人なり その光に向かい 
今、一歩一歩を踏みしめて 歩いている 
この旅路に終わりは 有るのだろうか 
有るとすれば どんな終わりだろう 

我は行く この旅路に何が有るのか 
確かめる為に そして 自分自身の為に 

我は旅人なり 今 一歩を踏み出した




|1|



BY サイレント・スピード
2004.12 

0 件のコメント:

コメントを投稿